収益不動産は注目を集めています

収益不動産は、会社員、OLを中心に、注目を集めています。

収益不動産は、会社員、OLを中心に、会社の給与の他にに第2の副収入を得るためのものとして注目を集めています。
注目されている背景として、不景気のせいで増えない給与とボーナス削減を補うことのようです。
給与以外の収入を持ち家計を安定させたいとの思いがあるからです。
その事を示すデータとして国税庁の調査によると、1997年には467万円あった一般の会社員の平均年収が
2009年には、406万円にまで減額しました。

 

収益不動産投資とは、どのようなものか?
これは、投資する目的でマンションを買い、その1室を他人に貸すことで、毎月の家賃収入で収入を得るのことです。
収益不動産投資を始める事の主な理由として、安定収入への期待や税務効果があり、
自己資金が少なくても始める事が出来ます。

 

 

収益不動産投資を始める事が出来る金額の目安は、ローンを組むことが必要になりますが、
2000万円のマンションの場合、160万円あればできます。
但し、その場合、95%は借り入れで賄うことになりますので、
金利が上昇したり、賃料の下落などの影響を受ける不確定要素も多くあります。
ですから、いくら自己資金が少なくてもワンルーム収益不動産投資を始める事が出来るから
といっても、いざという時の為の資金の余裕がある方の方が安心できます。