収益不動産投資の魅力

収益不動産の魅力

 

 

 収益不動産投資の魅力は安全性と安定性にあります。たとえば株式投資の場合、株式に対する専門知識のほか、経済活動に対する高度な情報力や分析力が必要になってきますし、機関投資家などの動向に常に脅かされます。

 

外貨投資では為替相場の変動を常に監視していなければなりません。

 

これらの投資法では、常に投資家はストレスのかかった状態で投資することを強いられます。これは商品の価値の変動を利用したキャピタルゲインの投資法に共通しているストレスです。

 

 収益不動産投資はインカムゲインの投資法なので、キャピタルゲインのような投資中のストレスはほとんどありません。そのうえキャピタルゲインは売却しないかぎり利益を得ることはできませんが、不動産投資では収益不動産を所有したまま利益を得ることができます。また、投資の途中で自分の住居として利用することも、自分の住居だったものを投資用として利用することができる柔軟性も、不動産独自のものです。

 

 インカムゲインの投資法としては株式投資の配当が知られていますが、不動産経営のインカムゲインは入居者の家賃を利益としているため、株式の配当よりもずっと利回りが良く、収入も安定しています。このためサラリーマンの方が仕事と並行して投資を行うことを十分に可能にしています。

 

 また、不動産投資は実質的には収益不動産経営です。

 

このためほかの投資には無い利点があります。

 

たとえば金融機関から有利な融資が受けられるのもその一つですし、税金の点でも出費が必要経費として控除を受けられたり、給与と損益通算ができる点なども、不動産投資にのみ認められていることです。

 

収益不動産