収益不動産管理

不動産管理

収益不動産経営をする上でやらなければいけないのが不動産管理です。しかしどのような仕事内容なのか分からない方もいるかと思います。また経営によって得た賃料収入についてもご紹介いたします。

 

収益不動産管理とは
不動産管理には建物管理と賃貸管理があります。建物管理は自分の持っているマンションの共有部分の清掃であったり共用部分の管理などです。といっても一室のみを管理している場合ならばそこまで管理する部分はありません。
そして賃貸管理とは部屋の管理の事です。入居者の募集はもちろん賃貸契約や入居者様からの苦情対応など様々な業務があります。他にも家賃の滞納などがあれば催促もしなければなりません。
これらの管理はオーナー様がしなければならない業務ですが初心者の方や保有物件数が多い場合は不動産会社の借上げシステムなどを利用しすべて任せているオーナー様が多いです。

 

不動産経営における収入源は賃料収入です。不動産を借りられる場合マンスリーなどは別ですが大抵は数年単位で借りられる事がほとんどだと思います。そのため比較的安定した賃料を回収する事ができるのです。

 

賃料はオーナー様自らが決める事ができるためいっぱい欲しい場合、高く設定すればいいのですがそう簡単には行きません。
都心などの一等地でそれだけの価値がある物件ならともかく周辺の物件が軒並み8万円代として自分だけ10万円では誰も借りてくれません。そのため情報収集して決めるのですが初心者にはそれが分からず借上げシステムを利用し不動産会社に決めて貰う事があります。
ただこの場合、管理費を取られるため賃料から引かれます。

 

収益不動産管理と賃料収入は直結しており管理において入居者様に満足頂けるサービスができていなければ賃料収入は0です。逆に入居者様に満足いただけるサービスができていれば安定した収入を得ることができるのです。