収益不動産投資のノウハウ

日本、借金1000兆円超える!?(収益不動産インフォ)

 

日本には、国債やその他の借金などを含めて1000兆円もの借金があります。

 

もし、金利が1%に上昇したら、金利の負担は10兆円です。

 

去年の税収が約40兆円で在る事を考えると、国の財政は本当に問題です。

 

今は金利自体ゼロ金利なので問題ないですが、将来金利が1%上がると1000兆円の1%、10兆円もの金利負担になります。

 

年金の財源の不足もかなり心配です。

 

このことは景気に大変な悪影響ですから、悪影響を相殺するだけの経済政策が必要です。

 

この状況を止めるには、消費税率アップで歳入を増やし、歳出を大幅に削減するしかありません。

 

 

そこで考えていかなくてはいけないのが、収益不動産などの資産の物価上昇を起こす事です。

 

それもバブル程度の急騰ではなく、ゆるやかに土地や株などを高騰させるのです。

 

日本の財政危機を救うには、このインフレ政策しか無いとの専門家の意見もちらほら聞かれます。

超低金利な日本

 

超低金利日本の状況を考え

 

長期的なトレンドの見極めが重要です。

 

資産運用でそれは大切な事の一つです。

 

豊かなセカンドライフを守るために、私たちはどのような投資するべきなのでしょうか?

資産物価上昇

 

 

セカンドライフ資金

 

将来受け取る退職金や年金だけではセカンドライフ資金が不足すると思われます。

 

本当に収益不動産で年金対策、物価上昇対策が、有効でしょうか?
国内と海外、2つの面から資産物価上昇が推測されます。

 

 

日本経済の動きを勉強すれば自ずと答えは見えてくるのでは無いでしょうか?
1つの要因は、海外からの投資です。
アメリカの状況、ヨーロッパの状況を考えれば世界からたくさんのお金が、
日本の不動産に入ってくるはずです。

 

 

 

たとえばに2000万円の目標でためても、
物価が二倍になればその価値は半分になってしまいます。

 

 

とはいえ、二倍の4000万円ためるというのも無理なかんじです。

 

定年を迎える二十年後は今より物価も上昇している。
貯蓄の取り崩しが始まってからも物価上昇が続けば、いずれ底を突いてしまう。

 

ですから資産物価上昇に備えて不動産関連への投資をする。

 

収益不動産への投資がおすすめです。