収益不動産投資のノウハウ

お金は使い続ければ、いつかはなくなると思い資産運用(収益不動産投資)をする

 

お金は使い続ければ、いつかはなくなります。
つまり、お金には底があります。

 

例えば、一般的にゆとりのあるセカンドライフ生活に必要とされている毎月の生活費と標準的な年金月額の差額分を約10万円と考え場合、
約2000万円程度のの退職金から切り崩していくと、そのお金はいずれなくなってしまいます。

 

もしも、2,000万円の収益物件に投資し毎月の家賃収入を10万円得続けられれば、退職金では20年で底をついたものが、
収益不動産では毎月安定した家賃からの収入を20年先も獲得し続ける事が可能です。
年金やセカンドライフ資金を蓄える期間はそれほど長くないため、
社会保障や教育負担を考えると、退職金を切り崩しながら
生活することは大変不安があります。

 

困ってからでは手遅れです。

 

自分の資産を減らさずに、毎月決まった収入を得られるのが本当の余裕がある暮らしであり、
それを出来るのが収益不動産の魅力です。

 

多くの方々がゆとりのある長期安定した

 

セカンドライフ資金の大きな柱に収益不動産をはじめてます。

年金代わりとしての収益不動産

 

ちまたでは年金不足と言われています。
将来受給出来る公的年金には今は期待が出来ません。

 

これからの国の方針を見てみてもおよそ20年後には、

 

支給額が約4割減と大幅な減額が予想されてます。

 

 

 

本来、セカンドライフのライフプランはそれまで貯金と退職金、そして金利、
公的年金でなんとかなったのですが、いまでは年金の支給額も減って、
支給開始の年齢も先送りになり、そして企業の終身雇用制度も
あるのかどうなのかという状況です。

 

これから先、国や企業に頼りセカンドライフのライフプランを立てる事は
大変に難しい状況です。

 

将来資金の自己努力が求められている今、

 

給与所得があるうちからある程度の資産形成をされる方は増えています。

 

個人年金もどうなんだろうという感じですし、

 

保険料の上昇や予定利率の引き下げはまぬがれ無い状況です。

 

セカンドライフの資金不足を解消できて、長期、安定的にゆとりを持った生活を送る為にも、

 

収益不動産の家賃収入は結構、魅力的じゃないででしょうか。