収益不動産投資のノウハウ

投資のための借金は、資産と両建てでバランスがとれていれば怖く無い


消費のための借金はたしかにこわい借金ですが、資産と借金が両側のバランスがとれていれば、

 

借金は怖く無いのです。

 

まず、借金には、消費のためにする借金と
投資の行うための借金があり、

 

両者は全く異なるという事を再認識を
していただきたいと思います。

 

 

資産をつくるには、借金を有効活用する事が
大変、重要な要素になります。

金利は経費になるので、節税に

もう一つ知っておいていただきたいのは、経費になる金利と、経費になら無い金利は違うという点です。

 

賃貸収入が十分あり、金利がすべて賃貸収入で賄われるされるなら、節税効果はありません。

 

しかし、それはそれで投資として成功しているわけですから、節税出来なくてもイイと考えてもいいでしょう。

 

将来への不安


また、将来物価上昇で資産が目減りしているかも知れません。

 

世代を問わず将来への不安を感じる人の割合が急増しています。

 

収益不動産で年金保険対策をしましょう。

 

将来の年金制度に不安を抱く国民が急増しています。

 

年金制度改革により、将来の年金給付額は削減される公的年金、企業年金、退職金、

 

生命保険など、セカンドライフを保障するはずのものが不確実になり、

 

将来への不安はつのるばかりです。

 

一方で将来に不安が無いと感じている人は、

 

十分な資産を持っているか将来に向けての対策をしっかり立てている場合がほとんどです。

 

セカンドライフは安心という方

 

 

年金も払ってるし、保険にも加入しているからセカンドライフは安心という方も、

 

自分が加入している年金・保険の種類をきちんと確認してみて下さい。

 

年金や保険には様々な種類があり、月額掛け金の違いだけでなく給付開始時期や終了時期、死亡時の遺族への給付金の有無、死亡後の給付金の継続有無など、把握しておく必要があります。

 

生命保険の営業マンにいわれたから、という理由で加入し、内容をよく理解ないまま、掛け金を払い続けている方が大勢いらっしゃいます。

 

あなたの退職金は、あっという間に底をつくかもしれません。
年金や保険に潜む落とし穴を確かめましょう。

 

ゆとり在るセカンドライフのために、きちんと確認しておきましょう。